kagoonhead.png

デザイナーズ家具の販売・空間プロデュースのKAGOON
TEL : 0568-29-9477
E-mail : info@kagoon.jp

Eero Saarinen

eeroface.jpg

ミッドセンチュリーを代表するデザイナー

1910年フィンランド生まれ。1923年家族でアメリカへ移住。
父は建築家のエリエル・サーリネンで、イェール大学で建築を学び、父の建築事務所で働きながら
クランブルック美術アカデミーで教鞭を執る。
同校の研究員だった同僚のチャールズ・イームズと共に1940年に共同で「オーガニックチェア」を発表。
ニューヨーク・ケネディー空港TWAターミナルを設計したりと
アメリカのミッドセンチュリー期における重要な役割をはたしたデザイナーの一人である。

家具紹介

chu.jpg

チューリップチェア

Tulip chair

1958年にデザインしたチューリップ チェア
その名の通り、チューリップの花のような形からこの名を冠します。
FRPシェルとファブリックもしくは、レザーのシートパッド、回転機能を持つ1本脚のアルミニウムベースから構成され、ダイニングチェアやデスクチェアなど、様々なスペースで利用することが可能です。

oga.jpg

オーガニックチェア

Organic chair

自由な曲線と曲面を低コストで量産できる成形合板に注目したイームズは、複雑な3次曲面によるチェアを考案。背と座が同一のシェルにより一体成型されている点も斬新で、後のイームズのシェルチェアの原点といえる作品です。
技術的な課題と共に世界大戦の勃発等の理由で、当初予定されていた商品化には至らなかった幻の名作です。